遅れましてホワイトデー

ちょうど1ヶ月前に「遅れましてバレンタイン」というお話とイラストを載せました。後日談の「遅れましてホワイトデー」です。




遅れましてホワイトデー_色鉛筆マーカーイラスト
ホワイトデーから数日経った、ある日のこと。女の子は男の子からプレゼントをもらいました。
遅れましてホワイトデー_ルリカケス_色鉛筆マーカーイラスト
女の子「ありがとう! ヘアゴムかな?」
男の子「…うん。作業するときに、髪を結ぶでしょ。顔を洗ったりするときに」
女の子「飾り付きだから、顔を洗うときに使うのは、もったいない気がするけれど」
小鳥「それ、彼の手作りなんだよ」
男の子「…わざわざ言わなくていいってば! 後はスポーツしたり、手紙を書いたり、…お菓子を作ったりするときに」
女の子「そういえば、バレンタインに作ったクッキー、おいしかった?」
男の子「うん、もちろん…。えっと、またお菓子を作って…、もし作りすぎて、作りすぎちゃって、万が一あまったら、僕も食べるから、良かったら呼んでね…」
本当はホワイトデー当日に、プレゼントは用意できていたのです。渡すかどうしようか、しばらくの間、男の子が悩んでいて、小鳥に応援してもらって、ちょっと遅れてあげたのでした。
おしまい。




前回、イラスト点数は多かったのですが、簡単な線絵で描き込めていませんでした。今回は話を短くして、挿絵を1枚だけにしました。
色をつけるなら、小鳥は幸せの青い鳥にしようと思いました。輪郭線まで描いて、散歩に出かけた時「そうだ! ルリカケスにしよう」と、ひらめきました。
家に帰って改めて調べてみると、案外、派手な配色でした。プレゼントのヘアゴムより目立っています。仕事の挿絵ならば、脇役が目立ってはいけないので、おそらく描かないです。ですが、まぁせっかくルリカケスを思い出したので、描いてみました。

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2015/03/731/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)