朔旦冬至(さくたんとうじ)

本日は1年で一番、昼が短くなる冬至です。そして今年は、旧暦11月1日に冬至が当たり「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼んで、中古以来、大変めでたい日として祝ったそうです。
ほぼ19年に一度「朔旦冬至」が巡ってくるそうです。新月と冬至が重なるから、太陽と月の新しい始まりの日だそうです。年末なのに、新しいのも不思議ですね。
冬至といえばの、ゆず湯で、今日はゆずのイラストです。寒いので、暖かくしてお過ごしください。
ゆず_色鉛筆ペンイラスト

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/12/933/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)