わたしの一花(ひとはな)

クリスマスも近いということで、ギフトに良さそうな本を1冊ご紹介します。
今、モニターで見るこの画像より、実物の本の方が落ち着いていて、大人っぽいです。誕生花の本ですが、花の写真集としてみるだけでも美しい本です。
表紙のアネモネは、自分の誕生花ではありませんでしたが、好きな花なので、それに惹かれて、自分にプレゼントしました。本の写真は大半が花部分のアップ、もしくは集合で、同系色の背景で撮られています。優しい光の中、花弁がとても柔らかそうです。
本にはアネモネのことを「暗い冬を明るくし、優しい春がやってくることに気づかせてくれる花」と書いてあります。冬は寒く長いですが、春の便りが届きますように。

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/12/921/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)