デッサンの記憶

色々なイラストタッチの練習を載せていますが、絵画の基本であるデッサンをそれほど描いていませんでしたね。
もしかしたら、デッサンの言葉に身構えてしまう人もいらっしゃるかもしれません。それというのも職業柄、「絵は苦手で…」「自分はどうもデッサンが…」という言葉を耳にする機会が多く、そのたびに大変残念に思います。
デッサンはまるで写実絵画に鎮座している神のような扱いです。ですが私は、デッサンは絵を描きたい人を苦しめるものではないと思います。例えるなら、スポーツの筋トレと一緒かもしれません。
美大受験目的以外で、直にデッサンを学ぶ機会が極端に少ないように感じます。なので、受験のタイミングを逃すと、デッサン自体、描き逃してしまうこともあると思います。しかし、美大受験のデッサンはあくまで受験用。自分自身も絵の勉強をする過程で、あまりに受験目的に偏っていたのが肌に合いませんでした。
今日の絵はデッサンというよりスケッチレベルですが、私のコレクションのトルコ石を描きました。一風変わったカメオなのです。
エミュー国の王子_トルコ石_鉛筆デッサン_スケッチ

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/11/994/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)