金魚の旅立ち

我が家で飼っていた金魚のトマトですが、冬の始まりに旅立ってしまいました。今月頭にブログ記事用にイラストを描いたときには、描いている最中に寄ってきたくらいでした。
その後、ほとんど動かなくなり、冬になると動かない金魚もいるそうなので見守っていたのですが、どうも様子がおかしく、良く見たら最期を迎えていました。分かったのは昨夜ですが、おそらく数日は経ってしまったと思います。
今週は急に寒くなり、自分も忙しかったりして、かまってあげられず、気づいてあげられませんでした。寒くなったのだから、水槽の場所を動かすとか、今から思えばできたこともあったと思いますが、後の祭り。
そういえば、腕時計の針が止まっていました。…あ、虫の知らせとかではありません。腕時計が光充電タイプで、水槽の近くに置いていました。針が止まっていた時点で、水槽にも光が足りないことに気づけは良かったです。
今日はガラスの水槽を洗い、道具類を片付けました。他にもやることがあるのに、ついぼんやりしてしまいます。元気だったころの写真や動画を観て、イラストを描きました。
金魚_琉金_水草_色鉛筆イラスト
このイラストは額に入れて、水槽があったところに飾ることにしました。普段、自分の絵を飾ることはまずしません。しかし、拙作でも赤い金魚の姿が目に入って、何もない空間の寂しさが少しでも和らぐことを期待します。
水草はトマトが好きだった「マツモ」です。やわらかくて、よく食べていました。飼い始めてから半年たって、もう大丈夫かな、と、思った矢先の出来事だったので、残念でなりません。私の飼い方が良くなかったのか、今の家の環境が良くないのか、明確な理由は分かりません。これから年末に向かっていくので、今後また新しい金魚を飼うにしても、少し時間が経って落ち着いてからにしようと思います。
腕時計は太陽光で充電したので、また元気に動いています。けれど、生き物は機械と同じようにはいきませんね。「マツモ」はクリスマスプレゼントに新しいのを追加しようと思っていたのですが、もうトマトにあげられません。せめて、絵の中で思う存分食べてほしいです。

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/11/987/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)