まる・さんかく・しかく

小学生の頃に考えたキャラクターを思い出して、描きました!
まる_さんかく_しかく_イラスト
高学年になっても、上記のような絵を描いていたので、笑われた記憶があります。平均的な絵の成長を考えれば、ずいぶん遅い子どもでした。当時は、図画工作の「工作」は大好き、「図画」は嫌いじゃないけれど苦手でした。
まる・さんかく・しかくには、きちんと名字があって、手づくりの4コマ冊子を作った覚えがあります。性格設定も、ストーリーも忘れてしまいましたが、彼らの姿と色は覚えています。手足が、丸顔なら丸い手足、三角顔なら手足も三角と、子どもらしいこだわりです。色も黄色・黄緑・青でした。
それからちょっと大きくなってから、描いていたキャラクターもいます。
まる_説明君_イラスト
胴体が出来ましたね! どうやら、黄色と黄緑が好きだったようです。彼の出番は、主にノートの隅っこ。参考書みたいに、授業のポイントを良く語っていました。
彼らを描くことはなくなってしまいましたが、子ども時代の大切な友達です。どこかで、彼らの世界が続いているのだとしたら、それは面白いですね。

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/10/1011/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)