謎の生物スケッチ

「海底二万マイル」ではないですが、謎の生物スケッチをしてしまいました。場所は上野の国立科学博物館。
国立科学博物館_骨格標本スケッチ
地球館、中2階のレストランで窓際の席に座れると、1F展示室が良く見えるのです。
国立科学博物館_レストラン_骨格標本
それで私はてっきり描いたのが「マッコウクジラ」だと思っていたのですが、写真右奥が「マッコウクジラ」でした。手前の骨格標本が一体何だったのか、WEBサイトを見てよく分かりません。調べ方が良くないのかな…。(ちなみに、上記のスケッチは骨の数は数えないで描いています。なので、正確さが気になる方は、ごめんなさい!)
昨日は他にもスケッチしましたが、上記のスケッチが一番描きこみました。理由は…、おやつの「パンダパフェ」を食べた直後に描いたから!

国立科学博物館_レストラン_パンダパフェ_スケッチ
「パンダパフェ」のスケッチはエネルギー注入前だから、差がよく分かると思います(笑)。生命活動に一番必要なのはエサだということを実証してしまいました。科博のリピーターズパス(年間パスポート)を持っているので、今度行ったら、謎の生物の正体を突き止めておきます。

【2016/4/25 (月) 訂正追記】
謎の生物は以前「コマッコウ」と書いてしまいましたが、どうやら「ミンククジラ」のようです。なんだか、まだ怪しいので、今度行ったときにきちんと調べてみます。

→国立科学博物館

タグ | |
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/09/1094/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)