CINEMIX

一人職場で最大の特権は、BGMが自由に選べること! 仮に1日8時間も仕事をするのに、好きでもないBGMや電話が鳴り響いている環境より、好きなBGMの中で作業していた方がはかどります。

最近のお気に入りは「CINEMIX」 アメリカのインターネットラジオで、名前の通り、映画音楽をミックスしています。映画の他、ドラマやゲームサントラも流れます。高校生くらいの時より、「映画サントラ」「ゲームサントラ」「クラシック」を多く聴いていたので、私はとても好きです。優れた映画音楽って、未来のクラシックですものね。日本の作曲家も以前は久石譲くらいだったのが、坂本隆一、村松崇継なども耳にする回数が増えてきました。

面白いのは何の気なしに流していても、日本の曲は知らない曲でも「日本の作曲家かな?」と気づきます。情報を見ると、ほぼ的中します。音楽は聴く一方なので素人意見ですが、曲構成にお国柄が表れるのだと思います。例えるなら、欧米の曲は「サッカー」、日本の曲は「野球」です。欧米の曲はいきなり盛り上がったり、逆に静かなまま終わったりします。それに比べ、日本の曲は盛り上がるところが事前に分かります。

本編がこけた作品でも、音楽が良ければ、耳にしてたいなと感じます。新しい映像に使われたり、フィギュアスケートのBGMにでもなればいいのにと思います。

「危険なプロット」「ダウントン・アビー」「アンナ・カレーニナ」など映画・ドラマで見た時から、好きなテーマ曲が流れていると、気分が盛り上がります。


2016/5/27(金)追記

どうやら、現在は日本でCINEMIXが聞けなくなったようです。残念!

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/09/1091/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)