おもしろスケール

最近買った、道具の中で気に入っているのはドラパス「おもしろスケール」。
簡単に平行線が引けるのです。イラストで結構、平行に描かなくてはならない場面は多々あります。いちいち三角定規を出すまでもなく、厳密な正確さもなくてもいい。そんな時に丁度良いです。16cm定規で、平行線が描けて600円位というのは魅力的な価格設定。
中学の数学で習ったのですが、「直線」とは限りなく続く線のことを指すそうです。両端があるのを「線分」、片方だけ端があるのを「半直線」というそうです。おまけに線には面積がないそうですから、私たちが普段「直線」として目にしているのは、実際は細長い長方形なのですね。
私は文具好きです。会社員時代、机を並べて一緒に仕事をしている人に大抵、文具好きがばれていました。その上、イラストレーターになってから「仕事に使える」という口実ができたので、拍車がかかってしまいました。ときどき、道具類を整理して「こんなに文具を持っているから、しばらく何も買わなくて平気じゃないか」と、反省したのに、次の日に文具屋にいたりします。
ドラパス「おもしろスケール」

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/09/1079/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)