サイン『mcfujii』について

先日、シルクスクリーンのTシャツに刷ったサインイラスト。せっかくなので、手持ちのHacoaのiPhoneケースにレーザー彫刻を施していただきました。

140522_mcfujii_iPhone5s_case01レーザー彫刻って、こんなに細かくできるんですね。iPhoneケース自体は今年2月に購入して、オリジナルデザインが彫刻できると聞いたので、どんなデザインにしようか考えておりましたが、せっかくなのでTシャツとおそろいにしました。

中央の英字は、私のサインです。ローマ字表記『michiko fujii』を縮めて『mcfujii』。それを簡略化しました。名字の最後が「jii」なので小文字にすると、点が3つ続くのを利用しました。ちなみにこのサイン、20歳の時から使っています。最初に使ったのはこちら。140522_mcfujii_kitte_sq012003年なので当時の切手は「50円」。それなのに「52円」…? 「実は私、52円に値上がりするのを予想していたんです!」…と言ってしまいたいですが、残念ながらハズレ。

これは春休みであまりにヒマだった私が、短大時代の課題をポストカードにプリントアウトして、まとめたポートフォリオの裏表紙でした。短大の学籍番号の下二桁が「52」だったのです。なので、時代を先取りした「52円切手」なのです。

その時に「サインでもつけたら、格好がつくんじゃないか?」と思い立って、考えたのが今日に至る『mcfujii』サインです。

 

タグ
パーマリンクURL http://iroirokaigakan.com/2014/05/3469/

コメントをどうぞ!

※コメントは承認後に公開されます、投稿後しばらくお待ち下さい。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)